インデックスタイトル
社会福祉法人 恵済会特養ユニット型特養多床室型デイサービス居宅介護支援養護老人ホーム
ホーム
和顔-わげん-
苑内ブログ
苦情解決
個人情報保護

入苑申込み
求人情報
交通アクセス

桜こども園たかせ
杜こども園たかせ
サイトマップ
 ホーム事業報告

  年度
事業報告

 近年、社会福祉を巡る状況は大きく変化しています。人口減少・少子高齢化社会の到来・子どもに対する虐待の深刻化など、福祉ニーズが多様化・複雑化しており、その中で社会福祉法人はこれまで以上に公益性の高い事業運営が求められています。 

 このような中で、社会福祉法人制度を大きく改革する法案が平成28年3月31日に公布されました。これは、福祉サービスの供給体制の整備及び充実を図るために、経営組織のガバナンスの強化や事業運営の透明性の向上など、社会福祉法人制度の改革を進めるとともに、福祉人材の確保の促進を図るものです。 

 平成28年度は、社会福祉法人の改革の趣旨を踏まえ、定款変更や諸規定の整備などを進めるとともに、人材の確保が急務となっている中で、厳しい財務状況ではありますが、キャリアパス制度や人事考課制度の構築など、職員の処遇改善への取り組みを行ってきました。 

 社会福祉法人恵済会では、平成28年度事業も概ね計画通りの事業を実施する事ができました。 

 鏑泉苑においては、利用者の介護では、ハード、ソフト面でも充実され良いケアがなされるととも、職員処遇面でも、人事考課の導入等が図られ、資質向上に向けての研修等も積極的に行われました。 

 社会貢献としては、施設の一部を活用し、鏑泉苑の利用者と子どもたちの世代間交流を図る学童保育事業も新たにスタートしました。また、福祉教育としては、職場体験学習、ボランティア体験学習の受け入れ、看護学校学生の「福祉施設体験」研修などを実施しました。 

 両保育園においては、幼稚園的機能と保育所的機能の両方の機能をあわせ持つ幼保連携型こども園に移行することができ、名称も「杜こども園たかせ」、「桜こども園たかせ」と変更しました。
また、認定こども園の移行に伴い、施設の充実を図るため園舎の整備等の取り組みにも着手しました。さらに、施設整備、環境整備、保育士の資質向上に向けての研修等も実施し、充実した保育事業に取り組みました。 

 社会福祉法人恵済会としては、それぞれの施設が協調しながら、各種の行事を実施し、地域の皆様に愛される施設運営に努めてきました。また、広報活動として、広報紙「和顔」の発行やホームページ、ブログでの情報の発信により、当法人の理念や運営、活動に対するご理解をいただいています。



決算報告書

ダウンロードはこちら>> 決算報告書 6MB

監査結果報告書

ダウンロードはこちら>> 監査結果報告書 300KB

定款

ダウンロードはこちら>> 定款 400KB

公表役員名簿

ダウンロードはこちら>> 定款 50KB


Copyright(C)2005-2017 社会福祉法人 恵済会 鏑泉苑 ALL RIGHTS RESERVED.
メールでのお問い合わせ メールでのお問い合わせ